資金管理・節約

マイナポイントのスマートイコカでの申し込み方法(受け取り手順まで解説)

黄昏ほーむ
黄昏ほーむ
我が家ではお金に関する管理はすべて僕がしています。節約や投資情報も紹介していきます!

6月30日キャッシュレス還元事業が終了し、9月1日からはマイナポイント事業がスタートします。

それに伴う予約が7月1日から開始されました。

 

本記事ではスマートイコカにてマイナポイントを登録する手順を解説していきたいと思います。

マイナポイントとは?

マイナポイントは、キャッシュレス決済サービス(決済サービス)を提供するキャッシュレス決済事業者(決済事業者)を通じて付与します。付与を受けるにあたっては、マイキープラットフォーム上で普段利用している決済サービス(1つ)を選択(マイナポイントの申込み)すると、当該決済サービスの利用(チャージまたは購入)時にお買い物等に利用できるポイント等が付与されます。
マイナポイントは、これら決済事業者が付与するポイント等の総称です。

 

下記、申し込みできるサービスで利用できるポイントが最大で5000円分もらえるというものです。

例えばクレジットカードであれば事前に申し込み後、9月1日以降に2万円利用すると5000円分のポイントがもらえるというものです。

25%も還元されるので絶対利用しておきたいですよね。

 

マイナポイントの申し込みができるキャッシュレス決済サービスは

多くのクレジットカード、交通系ICカード、QRコード決済など様々ありますので、利用しているもので申し込むのが良いと思います。

申し込みできるキャッシュレス決済も詳細はマイナポイント事業のホームページに記載されています。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/

スマートイコカでの申し込み手順

僕は今回交通系ICカードであるスマートイコカで申し込みをしました。

その手順をご紹介していきます。

まずはなんといっても「マイナンバーカード」こちらを持っていない場合は、申し込みましょう。

マイナンバーカード総合サービスサイト

こちらで申し込みをすれば1か月ほどで届くとのことです。

  

僕はスマートフォンにて申請を行いましたので、その場合を紹介していきます。

まずはマイナポイントアプリをダウンロードします。

そして、予約をしていきます。

  

予約をするにはマイナンバーカードを申請したときの4桁のパスワードが必要となります。

給付金の申請の際にも必要で、話題になったやつですね。笑

因みにスマートフォンで申請する際、マイナンバーカードを読み取る必要があるため、お財布ケータイ機能がついているスマートフォンでないと読み取ることができないで注意ください。

僕は4月にiPhoneSEから新型のiPhoneSEになり、ようやく使えるようになりました。

承認が終われると申し込みです。

  

このような形で申請したいものを選んでいきます。

今回はイコカポイントとなります。

 

必要事項を記入し、再度、マイナンバーカードを読み込むと申し込み完了です!

アプリの手順に沿って進めば迷うことなく、申請できました。

スマートイコカとは

スマートイコカは、現金なしで簡単にチャージができる交通系ICカードです。

定期券にすることもできます。

Suicaなどのように普段の買い物でも使用できるところが多く便利な交通系ICカードです。

Suicaのようなオートチャージ機能はないのですが、JR西日本の券売機でクレジットカードによる「クイックチャージ」を行い、利用します。その際クレジットカードのポイントを貯められます。

クレジットカードによっては2.5%還元にすることも可能ですので、ぜひ利用ください。

スマートイコカにおすすめ!高ポイント還元クレジットカード3選 本記事では そんな悩みを解決いたします。 スマートイコカは、現金なしで簡単にチャージ...

今回のスマートイコカでのマイナポイントの受け取りは計2万円分のチャージを行うと、翌月に5000円分のポイントが付与されることとなります。

3月31日までに2万円分のチャージがなかった場合、それまでの合計金額の25%のポイントが付与されるとのことです。