投資実績(毎年)

【ブログで公開】20代共働き夫婦の家計支出&2020年投資実績

黄昏ほーむ
黄昏ほーむ
2020年のお金に関する実績をまとめてみました!参考にしていただけたら嬉しいです!

我が家では夫である僕が妻のお金も含めてすべて管理しています。

小遣い制などもなく、大きな買い物でもない限り事前申請などは要りませんが、すべて申告する(レシートなどを提出)ということだけルールにしています。

 

投資については2020年途中より長期投資を中心に計画的な運用を始めました。

本記事では20代共働き夫婦の家計支出金額と投資実績を赤裸々に公開していきます!

2020年家計支出

サラリーマンとして稼いだお金でどれだけプラスだったのかですが、

こちらをご覧ください。

我が家ではこのような形のエクセルの家計簿に、すべての収入とすべての支出を記録しています(各々、投資は除く)。細かいところは隠させていただいていますが、

総収入ー総支出=約440万のプラスとなりました!

 

因みに2018年215万、2019年270万でしたので、大きく伸びました。

これはこの2年間には大きな出費があった(結婚による引っ越し、結婚式など)こと、2020年はコロナで出費が大きく減少したことが要因と考えられます。

 

20代共働き夫婦としてはしっかりプラスにできている方なのではないかと思います。

しかし今後は下記の理由から2020年のような収入を得ることは難しいと考えています。

  • 2021年夏より夫婦で育休をとる
  • 育休後二人ともが正社員で働くことは難しい

 

そういったこと、コロナ相場なども踏まえ、2020年はかなり投資に資金を回しました。

その金額なんと約600万!

 

これにより我が家の家計の現金比率は大きく変わりました。

どのくらい投資に回すべきなのかについてはこちらの現金比率の記事で少し説明しています。

あなたの現金比率、貯蓄額は?日本の平均から目安を考える現金比率の割合、貯蓄額の平均はいくらでしょうか。国民調査などの統計から出されている年代別の数値や日本やアメリカの家計の金融資産割合などを紹介し、ひとつの目安を本記事では考えていきます。 ...

 

それでは投資でどれほどの実績をあげたのかについて紹介していきます。

投資実績

こちらの表の通り、年間の利益として362,045円となりました(利確したもののみの算出)。家計と合わせると478万円資産が増えたこととなります。

(メキシコペソ円は38万の利益と34万の損失でなんとか4万の利益となっています)

 

このメキシコペソ円と米国VIはコロナショックで溶かしたものです(恐ろしや・・・)。

当時かなり迷いましたがこの時期(コロナが流行り始める前)ちょうど新婚旅行に行っていて、1週間ほどみていなかった間にロスカットという・・・。耐える資金は持っていたのに作業しなかったため、ロスカットという何とも悔やまれる57万の損失となりました。

 

そこから投資について見直しを行い、

  • ロスカット設定を明確にする
  • 管理に時間を取られない(細かい確認など時間に追われることがない、月一作業で良い)
  • 長期運用(複利効果がある)
  • 運用が楽しい

ということをポイントにトラリピを中心に現在の投資運用を2020年3月より始めました。

参考にさせていただいている方、Twitterで絡ませていただいている方のおかげで楽しく、順調に運用できています。いつもありがとうございます。

 

このメインと考えているトラリピについては

順次資金を追加し、9か月で28万の利益をあげることができました。

この実績を考慮し、2021年時点で420万の運用資金、毎月5万の積立にて、年利約10%で運用し、15年後の2035年には4000万近い資産とすることを目標としています。

細かい設定、実績等についてはこちらの記事に随時更新していく予定です。

FXトラリピとは?不労所得を目指す投資としておすすめの理由マネースクエアが提供するFX自動売買サービスのトラリピにより年利10%を目標に長期運用しています。不労所得投資や、脱サラ、早期退職、老後資金形成を目指す方に向いている理由をメリット、デメリット含め初心者の方にもわかるよう解説を行います。損失や実績もブログにて公開しています。...

このように失敗もありましたが、目標を立てて運用していくことはとても楽しく、今後も長期積立による投資を楽しみながら運用をしていこうと思います。

2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

他、お金の管理に関して僕の考えや投資の運用などについてはこちらの記事に記載しています。興味のある方は参考にしてください。

共働きサラリーマンのお金の管理まとめ(投資・節約法をブログで公開)主夫を目指している著者は結婚してから共働きで夫婦二人分のお金の管理をすべて実施しています。今から始められる家計管理、支出管理、節約、投資の実際のやり方を解説します。主婦ではなく男性側(旦那)が管理するメリットについても紹介します。 ...